2019年度 第一回 セミナー及び懇親会のご案内

 皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 本研究会のキックオフセミナーの開催後早いもので、半年が経ちました。
 薬剤師を取り巻く環境は、薬機法の改正という大きな変化とともに超高齢社会による社会保障の変化など受け身の姿勢では、社会から取り残される状況にあるように思います。
 つきましては、皆さまと「患者は変わる、暮らしが変わる」をテーマに地域医療を考えたく、セミナー及び懇親会を企画致しました。
 本セミナーの参加費は無料とさせていただきますので、ぜひご参加くださいますよう心よりお待ち申し上げます。

【開催日時】
 セミナー:2019年(令和元年)6月8日(土) 13:00~17:30
 懇親会:同日 18:00~

【開催場所】
 北里大学薬学部 2号館 大講義室(東京都港区白金5-9-1)

【プログラム】
 ・セミナー開会挨拶・2018年度事業報告
 ・特別講演「薬事行政の動向と薬剤師への期待」
    安川孝志先生(厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課薬事企画官/医薬情報室長)
    座長:鈴木順子(一社 地域医療薬学研究会 代表理事)
 ・質疑応答
 ・教育講演「2040年~2060年の課題と薬剤師の生き残り」
    藤田道男先生(一社 次世代研究所代表・医薬ジャーナリスト)
    座長:串田一樹(昭和薬科大学 特任教授)
 ・質疑応答
 ・報告とヒント「アプローチ次第で患者は変わる、暮らしが変わる」
    座長:村田正弘(セルフメディケーション推進協議会 会長)
  1.医の立場から   「居宅療養患者の爪白癬治療を通して」
  2.看の立場から   「褥瘡ケアに目をむけてみませんか?」
  3.薬・介護の立場から「すばやい対応、すばやい情報:地域の暮らしのお供として」

【懇親会】(2号館 1階食堂)参加費 3,000円

※尚、当日は会員以外の方のご参加も可能です。挙ってのご参加お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です